レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

AKB48「恋するフォーチュンクッキー」

 


【MV】恋するフォーチュンクッキー ダイジェスト映像 / AKB48[公式] - YouTube

 

良い。 ☆

 

久々にAKBの曲を購入したが、素直に良い曲だなと思った。

 

AKBにおいて「素直に」といった事は結構、重要なポイントなんだろうと感じていて、割りと全体的にひねくれてない所がAKBの良さかなとは思う。普通のことを普通にやっている感じというか。

 

この曲も、初聴きでは、今までの曲と曲調を変えたり、手を変え品を変えやってる感じはあるが、聴くと、結局、素直に良い曲だなと思える所がある。

 

これはメジャーであるが故にAKBそのものが時流になっているが、基本的にAKBは世界の音楽の潮流とか、音のトレンド的な事にあまり目をくれず、作り手の感覚で「良い曲」を探っているから、そうなるのかなーという感じもする(UZAとかは、ちょっと最近の流れを意識してるのだろうけど)。

 

この曲も、よくも悪くも、曲に野心がないというか、少しの野心で「面白味(例えば、今回でいえば、指原を想起させる歌詞など)」をプラスしているのだが、それ以上に昔からの感覚で多くの人に受けそうな音を職人的に創ってる印象がある。その「鬱陶しく無さ」が故に、ファンでない自分にも「素直に」聴けるのだろう。

 

そういう楽曲制作は、ここ最近はちょっと機能してない部分も感じていたのだが、今回は、非常に上手く行ってると感じた。

 

もっとも、これは個人の好みの傾向による感想である感じはするけれども。単純にこういう曲調がハロオタの自分には非常に好みではあるのかも。(あと、最後のfu-!みたいな声の入れ方は昔のモーニング娘。を想起させたりもした。)