読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

Will.i.am 「#WILLPOWER」


will.i.am - #thatPOWER ft. Justin Bieber - YouTube

 

面白かった。 ☆☆

 

JTのアルバムと同時期ぐらいに出て、こちらもよく聴いたアルバム。

 

これとモーニング娘。が同じ☆の数で良いのか?という感じはするが、やはり、日本のものの方が熱が入るという事で。

 

Will.i.amはBEPのメンバーだが、BEP含めて、LMFAOが流行って以降、ちょっと古く聴こえるようになったかな?と(「where is love?」のようなエヴァーグリーンは除いて)個人的には感じていた所、このアルバムは全編通して凄く良くて、やはり、流石の出来だなと単純に音に乗れた。

 

will.i.amは、毎回、「未来」を創ろうとしているというか、分かりやすく「新しいもの」を追うような、割りとそれは古いかもしれないスタンスをずっと取り続けてる人ではあるのかなとも思っていて、そこが毎回楽しくはあるし。聴いていて、憧れるというか、驚きのある部分ではある。

 

このアルバムの中で一番好きな曲は、#thatPOWERだが、これはMV見ると、WORLD ORDERの影響とかもあるのかな?という感じで、そこもなかなか面白い。

 

アメリカのTOPクラスのエンターテインメントは、やっぱり凄くて、やるとなったら、とことんやるというか、創り込みに妥協が無い感じで素晴らしいなと。

 

あと、最後の子供の声の使い方などは、かなり感動もので、割りと自分は子供の声を使った大人な表現に弱いのだななどと思いつつ、単純に何度も繰り返して聴いてしまった。最後が良いとやはり後味が良いと言うか、全体の評価も上がるように思う。

 

しかし、こういうアルバムを聴くと、今の時代、ポップとかマニアックとか、あまり気にする必要はないのかなという気にもなるかも。まあ、ポップなんだけど、「screem&shout」とか、かなりマニアックな創りな気もするが、しかし、大スター2人のコラボでキャッチーだったり。

 


will.i.am - Scream & Shout ft. Britney Spears - YouTube