レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

石田徹也展 ノート、夢のしるし

 

http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/2013-ishida-jikai.html

 

 

 大変なインパクト  ☆☆

 

 

 基本的に、こういう作家は評価が難しいなと思った。作家がもう亡くなられてるのもあるので、評価は徐々に固まって行くのだろうし。

 

 

 前半戦は広告に使われる様な絵も多くユーモラスな印象。後半戦は内面的な作品が多い印象。

 

 

 両方ともやってる事がそれほど違うか?というと、そうでもないような気もするが、受ける印象が全然ちがった。

 

 

 とにかく圧力が強く、見てすぐには、どうだとは言えない感じがする。特筆すべき作家ではあるだろう。