レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

中原淳一 少女雑誌「ひまわり」の時代

 

中原淳一---少女雑誌『ひまわり』の時代 (らんぷの本)

中原淳一---少女雑誌『ひまわり』の時代 (らんぷの本)

 

 

 

 読むとうっとりする  ☆☆

 

 かなり前だが、弥生美術館でやった展覧会も見た(というか、ファンなので中原淳一の展覧会は幾つか行っている)

 

 

 当時を知っているわけではないが、当時の記述を読むに、当時はイラストレーションに大変な力があったんだろうなーとは思う。

 

 

 インディーズ的な状況の中での憧れの発生なので、ある種、今のpixiv界隈とも近い気がするが、こういう風に当時の風俗と合わせた総合的なプロデュースを雑誌でするみたいな事は今は難しいか、或いは、中原淳一が群を抜いた才能だったから成り立った事なのだろうなー。とか、読んで(見て)思った。

 

 

 懐古的故ではあろうが、こういうシーンに憧れはする。(そして、単純に絵が良い)