読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

永野護「フール・フォー・ザ・シティ」

 

フール・フォー・ザ・シティ (ニュータイプ100%コミックス)

フール・フォー・ザ・シティ (ニュータイプ100%コミックス)

 

 

 

ファイブスターの前にやっていたデビュー作  ☆☆

 

 

ニュータイプでやっていたようだが、連載時は読んでいない。初版が1987年とあるので、かなり古い。帯には「SFプログレッシブ・ロックコミック誕生」とある。

 

 

内容は未来の音楽(ロック)の話で、サイバーパンクっぽさもありつつの青春ストーリーといった感じだ。

 

 

習作的な所もあったようだが、コミックス一巻でキッチリ完結しており、読みやすいといえば、読みやすい。ディテールへの執着はこの頃から感じられるが、ファイブスターと比較すると、いわゆるマンガの読感からは、そんなに離れてない作風ではある(もっとも、ファイブスターも一巻は割りと普通だが)

 

 

未来の話なので、現在のテクノロジー的に想起できる部分もありつつ、いろいろ印象深いシーンも多かった。