レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

2017年の展覧会 1月

 

 忘れないうちに今年の展覧会を。良かったもののみメモ的に。

 

 まずはこちら

 

www.moma.pref.kanagawa.jp

 

 

 谷川晃一さんは、前に神戸で絵本原画展を見てファンになった。

 


ニャンニャンカーニバル

 

 

見てわかる通り、原色系の色使いをしていて、かなり愉快な感じだ。評論活動もしており、ヘタウマを取り上げてた印象があるので、そういう流れのものだろう。

 

今回の陽光礼賛は、大型の作品で美術的な絵画作品が飾られている。新作はどれも良かった。

 

日曜美術館にも取り上げられ、かなり人が多く、会期間際に行ったのでパンフレットも買えなかった。しかし、バスに揺られながらも行って良かった。川村記念美術館もそうだけど、バスで行く所というのは、ちょっとした小旅行感がある(というか、群馬から言ってるので完全に小旅行なのか)。

 

 

kishin-yokohama.com

 

 

 その帰りについでに寄った形。原美術館の方を見逃してしまったので、こちらに行ってみた。写真は良かったが、巡回展のせいか、少し展示がざっくりしてるような気はした。しかし、写真はやはり良かった。

 

 

群馬県立館林美術館_深く澄んだ世界を求めて-清宮質文と版画の魅力

 

 

 こちらは、ご近所。あまり認識してない作家だったけど、非常に良かった。展示作品数は少なめというか、作品が小さいものが多いので、数はあっても、展示スペースの半分も埋まってない感じで残りは収蔵品だったが、今回こうやって名前を出して展覧会をした事には意味があると思う。