レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

展覧会の感想

 

Barry McGee & Clare Rojas big sky little moon, バリー・マッギー&クレア・ロハス

 

 

 書いてなかった気がするので書いておく。

 

 バリー・マッギーの方がイラストレーション的で洗練された感じ。クレア・ロハスの方は、ソフトタッチで雰囲気の良い感じ。

 

 よく見ると、全然違う作風なのだが、全体的にうまくマッチしてるので、事前情報がなければ、どちらがどちらの作品とかあまり意識しないかもしれない。と云うか、ほとんど知らずにふらっと入ったので途中まで気づかなかった。

 

 

 

本と美術の展覧会vol.1「絵と言葉のまじわりが物語のはじまり~絵本原画からそうぞうの森へ~」 | 太田市美術館・図書館 ART MUSEUM & LIBRARY, OTA

 

 

 展示室が少ないので、絵本原画かアートに絞った方が良かったような気がしないでもないが、それはこの施設にそのまま言える気もするし。図書館まで含めると1日楽しめるので良いのかなという感じもする。

 

 その中で前回の展示も大型の作品を配置していたのでインスタ映えとか広報映えも気にしてる感じで、なんとなく地方アートの最新系か、もしくは、もう既に現在の主流がこういう感じなのかなという気がしなくもない。アートもARTではなく、Jポップみたいになってきてるなーというか。