レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

展覧会の感想

 

www.buehrle2018.jp

 

 セザンヌの「赤いチョッキの少年」が来てるという事を知って、居ても立っても居られなくなり行ってみた。

 

 のっけからアングルの良作があって大興奮だったけど、全体を通すと、それなりの内容という感じ。個人のコレクションとしては凄すぎだけど。

 

 とはいえ、一個一個を見ると、宣伝でも推してるルノワールの「可愛いイレーヌ」とか、セザンヌの「赤いチョッキの少年」とか、モネの睡蓮のデカイのとか、マジで凄すぎ。部屋から立ち去りがたいレベル。モネの睡蓮は日本にあるの見てもピンと来るものが少なかったけど、今回のはマジで凄いやんってなった。

 

 ルノワールセザンヌは他の絵も良かったけど、やっぱり、なんだかんだ言っても、代表作となるとモデルも重要なのかなーとは思った。まあ、色の置き所とかも素晴らしいんだけど。

 

 他にも、ゴッホとか、ピカソとか、ブラックとか、ドランの絵もかなり良いのが来てたり。あと、何気にロートレックの絵が良かった。

 

 展覧会、これから混みそうな気もするけど、今のところ、まあまあ空いてて、絵の間のスペースも十分取られてたので、じっくり見られたのも良かった。昔は印象派が一番混んでたような気がしないでもないけど、結構、時代が変わってきた感がなくもなく。

 

 まあ、自分も最近あんまり印象派見なくなってきていて、今回もセザンヌ無かったら、見なかったんだろうけど。しかし、モネもルノワールも、ちゃんとしてるのはちゃんと良いなーと再認識。

 

 

www.mori.art.museum

 

 そんなにピンと来てるわけじゃないんだけど、見に行っておくべきだろうなーと思って見に行ったら、やはり、見に行っておくべき面白い内容だった。為になった。だた、思った通り、そんなにピンとは来なかった。ポスターの作品は実物見たら、否応なく、おお!となったけど。

 

 

 

www.wako-art.jp

 

ミリアム・カーンの写真を見た。ドローイングも少しあった。そこまで詳しくないので、やはり、ドローイングの方に惹かれた。

 

 

 

gallery-kaikaikiki.com

 

 そんなに知らずに行ったのだけど、ファッションに疎いので、なかなか感想が難しい。というのは、良かったという事なんだけど。

 

 

d.hatena.ne.jp

 

 パレットクラブの卒業制作展。今日が初日という事で見てきた。今のイラストは、こんな感じかーと参考に。25日までらしい。