レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

展覧会の感想

 

 前に見たのもまとめて。

 

 

taikan2018.exhn.jp

 

 後期のみ。ものすごく混んでたけど、開館前に並んで、最初の方はチラ見で飛ばしたので、途中からゆったり見れたし。見たいのは、ほぼじっくり見れた。

 

 全体的にヘタウマ感があるが、それが味になってるし。途中から円熟味を増して、すごい良くなってた。まとめて見たら、流れが体感的にわかる感じで色々思うところも多く、特に、日本の絵というものは?みたいな事とか考える時に重要な作家だなと思った。

 

 あと、常設の展示にある李禹煥の版画もめちゃくちゃ良かった。

 

 

www.2121designsight.jp

 

 ウィリアム・クラインの展覧会かと思って行ったら、全然違ってというか、ほとんど再構成された作品しかなくて、メインは色々な写真家のグループ展という感じだった。というか、パッと見で行ったので、よく読んでなかった。。。

 

 しかし、思惑と違ったものながら、写真は良いものが多く、特に沈 昭良さんの写真は最高に良かった。

 

 

 

www.spiral.co.jp

 

 今見てもおしゃれというか、カッチリしている良いイラストレーションだった。

 

 隣でHQさんの展示もやってて、そっちも見た。

 

 

第20回亀倉雄策賞受賞記念 「中村至男展2018」|展覧会・イベント | クリエイションギャラリーG8

 

 もう終わってしまったけど、見た。とても面白かった。

 

 

www.dnp.co.jp

 

 こちらも終わってしまったけど、見た。とても為になった。

 

 

 

 ざっくりした感想ですいませんが、一言メモという事で。