レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

展覧会の感想32

 

 ここ最近、なかなか展示が見れなかったが、久々に。

 

 

www.tnm.jp

 

 デュシャン展。かなり充実した内容だった。ポスターは、デュシャン個人と日本が並列になってる謎仕様だが、デュシャンパートがほとんどなので、十分、堪能できる内容だった。階段を降りる裸体No.2とか、初めて見たと思うが、結構フラットな絵で、こんな感じなんだなーと思った。

 

 第二部は、日本文化中心にまとめてあって、作品は良かったが、受ける印象は謎しかなかった。なんで、これがここに?あ、トーハクだからか。さあ、常設見るか!という気にはなった。

 

 

群馬県立館林美術館_時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920s-1950s

 

 

 地元ということで見てきた。板橋区立美術館は、ボローニャ絵本原画展を見に行ったが、コレクションについては知らなかったので、こんなの持ってるんだなーという感じ。結構、変わったコレクションだなーと思った。