レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

今年のアイドル動画

 

 年末という事で、下半期よかったアイドル動画を貼ってみる。と言っても、下半期は、そんなに引っかかったのがなかった気がする。そんなに見てないのもあるけど。

 

 一番引っかかったのは、BEYOOOOONDSの「眼鏡の男の子」だけど、一応まだデビュー前なのかな。ちゃんとした動画がない。。。

 

 

 ハロプロは20周年企画が落ち着いたのか、下半期は結構よかった気がする。

 


モーニング娘。'18『フラリ銀座』(Morning Musume。'18[Casually wandering about Ginza])(Promotion Edit)

 

 フラリ銀座は何気によく出来てると思った。意外と他に無い曲というか。

 

 他では、Zepp見たばっかりなのもあるけど、BiSのアゲンストザペインが思いのほか良くて、ずっと聴ける。

 


アゲンストザペイン / BiS1st 新生アイドル研究会[OFFiCiAL ViDEO]

 

   2ndもよかったけど、1stの方が好みかもしれない。

 

 あとは、普通の曲といえば普通の曲だけど、フィロソフィーのダンスは世代的にハマってしまい、何気に聴いてしまう。

 


フィロソフィーのダンス/ヒューリスティック・シティ、ミュージック・ビデオ

 

 と、下半期は、あんまり見てないのもあるので、このぐらいで。

 

 あと、年間通していうと、見返したら「はじまりか、」がベストかもしれないぐらい良かった。間を空けて見たら、普通にまた感動した。

 


伊藤万理華 『はじまりか、』

 

 

 BEYOOOOONDSもそうだけど、アイドルの楽曲の演劇化傾向が強まるに当たって、演劇そのものを取り入れるものも増えてきているのかなーという感じもする。