レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

展覧会の感想

 

www.ukiyoe-ota-muse.jp

 

 

 見てきた。休日の割には、結構ゆったり見られた。太田美術館では珍しいかも。やはり、ちょっとマイナーだからか。自分もよく知らなかったけど。

 

 見たものの中では、どちらかというと、群像のものに良いのが多かった。結構、デザイン的というか、いろいろ試してるので、普通に参考になった。

 

 

丸木スマ展 おばあちゃん画家の夢

 

 もう終わってしまったけど、見てきた。丸木美術館自体、久々。常設展示も記憶の中より遥かにすごかった。いろいろ刺激になった。

 

 丸木スマさんの絵は独特の良さがあり、何とも文章では説明し難い。こういう絵を描こうと思っても描けるもんじゃないだろうなーと思いつつ憧れるというか。そんな感じ。

 

 

 

 

広告を非表示にする

展覧会の感想

 

群馬県立館林美術館_鹿島茂コレクション フランス絵本の世界

 

 だいぶ前に見たけど、すごいよかった。思いの外、充実してた。これが個人のコレクションなのすごい。

 

 特に途中にあったジャンヌダルクが超絶美麗で感動した。

 

 

www.tadao-ando.com

 

 そんなに建築は分からないけど、前にランゲン美術館に行った時から気になってたのもあり、評判も良かったので、行ってみた。

 

 さすがにこのクラスになると普通に建築が分からなくても面白かった。日常的な建築にも色々影響与えてるんだろうなーという感じ。地元の館林美術館とかも水の使い方ちょっと似てる気がするし。(ちゃんと前後の文脈分からずに感覚で言ってますが)

 

 あと、美術展より、スケッチしてる人が多かった気がする。

 

 

www.perrotin.com

 

 カイカイキキの絡みだと思うけど、ペロタンが東京に出来たので行ってみた。

 

 スペースもそんなでもなく、ガラス張りで外からも見えるので、アンテナショップ的な感じなのかなーという気もするけど、さすがに展示のクオリティは高かった。

 

 世界第2位の経済大国も今は昔なのか、単に東京がアート不毛地帯なのか、日本はガゴシアンにもスルーされてるし。こうしたギャラリーで世界のアート作品が見られるのは嬉しい限り。

 

 

www.g-mark.org

 

お近くに行ったので、ふらっと見てきた。こうやって並ぶとなんとなく一年の動向が見える気がするし。しかし、たまに東京に行く民としては、普通にウインドウショッピングの方が刺激的な気もするけど、内容は濃いし。為にはなった(一応、自分もプロダクトのデザインをたまにはやるので)。

 

 

広告を非表示にする

展覧会の感想

和田誠と日本のイラストレーション

 

 

 たばこと塩の博物館。渋谷の時はよく行っていたが、リニューアルして初めて行った。

 

 最近、イラストレーション史の勉強をしているので、丁度いいなと思ったし。為になった。さすがに和田誠さんはすごい。動画を見てるとスラスラと描いてるものが一発で決まってる。

 

 

fapa.jp

 

 

豊田市の奈良さん展示の復習の意味も兼ねて行ってみた。

 

このイベント自体は知らなかったけど、奈良さん目当てなのと、色々な写真が集まって一堂に見られるのも良いかなと思ったけど、そんなに量はなかった。1500円の入場料なのでボリュームありそうだったけど、さすが代官山、単価が高いのかという感じも。まあ、安くして人がごった返してるよりは良いのかもしれない(入場料でどれだけ人の量が変わるかわからないけども)。

 

奈良さんの展示は良かった。日常的な感じもするし。展示構成、巧いなとも思った。写真集も買った。

 

 

広告を非表示にする

展覧会の感想

 

Barry McGee & Clare Rojas big sky little moon, バリー・マッギー&クレア・ロハス

 

 

 書いてなかった気がするので書いておく。

 

 バリー・マッギーの方がイラストレーション的で洗練された感じ。クレア・ロハスの方は、ソフトタッチで雰囲気の良い感じ。

 

 よく見ると、全然違う作風なのだが、全体的にうまくマッチしてるので、事前情報がなければ、どちらがどちらの作品とかあまり意識しないかもしれない。と云うか、ほとんど知らずにふらっと入ったので途中まで気づかなかった。

 

 

 

本と美術の展覧会vol.1「絵と言葉のまじわりが物語のはじまり~絵本原画からそうぞうの森へ~」 | 太田市美術館・図書館 ART MUSEUM & LIBRARY, OTA

 

 

 展示室が少ないので、絵本原画かアートに絞った方が良かったような気がしないでもないが、それはこの施設にそのまま言える気もするし。図書館まで含めると1日楽しめるので良いのかなという感じもする。

 

 その中で前回の展示も大型の作品を配置していたのでインスタ映えとか広報映えも気にしてる感じで、なんとなく地方アートの最新系か、もしくは、もう既に現在の主流がこういう感じなのかなという気がしなくもない。アートもARTではなく、Jポップみたいになってきてるなーというか。

 

広告を非表示にする

展覧会の感想

 

栃木県立美術館 - 企画展 [2D(にじげん)プリンターズ]

 

滑り込みで見てきた。所蔵品中心らしい。意外と良い作品いっぱい持ってるんだなーというのが率直な感想。見たことあるのも結構あった気はするが、展示の仕方も上手い。

 

しかし、作品が主題を表してたか?というと、微妙な感じも。というのは、見る前から、あらかた想像ついてたというか、地方美術館、どこも苦心してるなーという中で最善を尽くそうとしてる感じがした。

 

 

 

www.fashionsnap.com

 

 

こちらも見てきた。というか、こちらが本命。

 

 

見せ方がすごい上手いと思った。ほとんど無駄がないというか、オシャレというか、考えに対して目的がはっきりしてる感じで、いろいろ勉強になった。アートとデザインの違いとかも考えさせられた(というか、体感したというか)。

 

 

広告を非表示にする

最近見た展覧会の感想

 

http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2017/special/narayoshitomo.html

 

bijutsutecho.com

 

 

 奈良さんの展示。豊田市まで見に行ってきた。面白かった!!

 

 

 

http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2017/special/morichihiro.html

 

ex.artnavi-bt.com

 

 

 同じくやってた森さんの展示。面白かった。図録も買った。

 

 奈良さんと同時にやってたのが良いのか悪いのかと言うと微妙に感じたけど、対比的に自分には興味深く感じられた。

 

 

www.toyota.co.jp

 

 

 初めて行ったけど、さすがトヨタ!!すごい施設だった。クラシックカーいっぱい。1日いても飽きないのではないかという。。。昔の車のゴージャス感も半端ない。

 

 

 

www.tobikan.jp

 

 森さん、奈良さんとマイクロポップつながりな感じで同時期に。

 

 というわけで見てきた。面白かった。

 

 割と自分でもできるかも?と思わせるようなことを絶対思いつかなかっただろうなーというアイデアでやっていて、すごいと思った。

 

 

boston2017-18.jp

 

 杉戸洋展目当てで行ったけど、割引だったので、ついでに。ゴッホの郵便配達人、中学生の時の授業で、模写したし!

 

 と思いつつ行ったら、さすがボストン美術館展、日本画の名品が結構あった。こっちをポスターにしても人が入ったのでは?と思うレベルの。。。

 

 そして、ゴッホもさることながら、モネも日本の美術館の多くのものより良品であった。。。そして、相変わらず、セザンヌが素晴らしい。セザンヌ好きすぎる。そして、あと、村上隆の作品も抜群の良品であった。何で日本の美術館が持ってないのか。。。

 

 と、この手の美術館展は、本場に行けば見られるしいいやと思いつつ、本場にも日本のにも両方行かない事が多くなってる昨今だけど、行くとやっぱり良品揃いで流石でした。

 

 

www.spiral.co.jp

 

 見てきた!すごいよかった!!

 

www.fashionsnap.com

 

 こっちも見た。勉強になった。

 

www.ukiyoe-ota-muse.jp

 

 面白かった!

 

 

 

最近見た展覧会の感想

 

 だいぶ間が空いたのですが、メモ的に残しておきたいのだけ、ひとまず。

 

猪熊弦一郎展『いのくまさん』 | うらわ美術館

 

 かなり面白かった。最初の方は、キスリングっぽかったり、マチスっぽかったり、おそらく、いろいろな作家の手法を試しつつ、独自の表現に至る感じがすごいなと。最後の方の抽象が個人的には、かなり好み。ちゃんとまとまって見たことなかったので、勉強になった。

 

 

ブラティスラヴァ世界絵本原画展 ―絵本の50年 これまでとこれから―

 

足利市立美術館

 

 ご近所だけど、恒例の。さすがに素晴らしい展覧会。見ごたえがあった。

 

 

 

 2017 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

  

板橋区立美術館

 

 最終日終わってしまったけど、恒例の。いろいろな作家の作品が見られて、面白かった。特に特別展示のファン・パロミノさんの展示はさすがの凄さ。勉強になった。

 

 

 

ジャコメッティ展|企画展|展示会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

 

 ジャコメッティ、さすがに凄かったけど、彫刻でスペースたっぷりとってるので、若干、物足りない感もありつつ、しかし、これだけまとまって見る機会は初めてということで、大変、楽しめた。

 

 しかし、この辺の欧米の名のある彫刻家というのは、「本質」みたいな物の切り出し方が上手いなと思ったし。あと、のちにつながるような抽象的な部分とか、絵もちょっとベーコンっぽいところもあったり、美術史の中では超重要な作家なんだろうなーとなんとなく作風を見て思ったというか、体感できた。

 

  

群馬県立館林美術館_カミナリとアート

 

 地元ということで見たけど、割と楽しめた。インスタレーションも多く、お近くの人間が気軽に楽しむには大変良い展示だなと思った。杉本博司の作品などもあり。

 

 

 

群馬県立近代美術館

 

 日本美術のススメというコレクションを展示しつつ、技法などを説明する展示をしてたのだけど、普通に楽しめた。しかし、それより、常設の展示室の奥の方に「アンフラマンス 皮膜としての写真」という写真の展示のまとまりがあって、そちらが一番良かった。石内都は、こないだ太田市美術館図書館でも見たけど、さすがの良さ。