レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

展覧会の感想37

 

www.nsyard.com

 

 

GW感のあるところで行ってきた。スペースは小ぶりだが、展示空間がゆったりしていて、贅沢な空間。堪能しました。

 

 

www.teien-art-museum.ne.jp

 

 

 水戸で見て以来の個展。もう12年も経つのか。。。

 

 建物的に作品数がどうかなと思ったけど、最後のギャラリーにもゆったりと飾ってあって、意外とボリュームもあった。室内の方が圧倒的に展示空間としては良かったけど、あれは貴重な体験だった。「女優アルレッティの裸像」があった分、作品自体は水戸の方が好みだったかもしれないけど。しかし、今回もやはりキスリングの絵は素晴らしいなーと再認識。

 

 

parekura.hatenablog.com

 

 

 こちらも見てきた。ワークショップも参加した。

 

 空間がバチッとしていて、おお!と思った。

 

 

 

アイドルの演劇化とか

 

 上半期を振り返るにはちょっと早いけど、連休前という事で、今年好きだったアイドル動画を貼ってみる

 


欅坂46 『黒い羊』

 

 最近、アイドルに演劇化傾向があるように感じていたけど、決定版が出たなという感じ。大人数に意味を持たせるには演劇的なものが良いという事かもしれない。

 

 


Are you ready? / BiS 新生アイドル研究会[OFFiCiAL ViDEO]

 

こっちはクイーンを引用したので演劇的になってるだけだと思うが、謎の構成が結構面白い。解散は残念。

 

演劇化というと、意識的にやってるのがBEYOOOOONDSだが、こちらは、相変わらず、MVすら公開されないので、ハロプロはゆっくりしてるなーという感じもする。それが息の長さの秘訣なのかもしれないけど

 

 


アンジュルム『恋はアッチャアッチャ』(ANGERME [Love is Accha Accha])(Promotion Edit)

 

これも正にハロプロだなーという感じでマイペースさを感じる。

 

 


ZOC「family name」Music video

 

こちらは、ある種の別のトレンドを感じるんだけど、なんとなくアベンジャーズ感がある。集団より個性が重視されてるような、よくまとまっているというような。私小説風なところもあるからかもしれない。

 

 


眉村ちあき「大丈夫」MV

 

色々あって、アイドルシーン自体は勢いが落ちてきて、別の流れに接続されつつあると思うけど、その最たる存在という感じ。

 

この辺は、ここ数年の地下シーンで目立ったのが、結局、まねきケチャとか、BiSHとか、歌の際立ったアイドルだったというところで、普通にアイドルがプロデュース云々より、当人の才能を競うものになってきてる感じがする。ある種の揺り戻しというか、かつての冬の時代後のガールポップシーンのような。

 

 


あいみょん – ハルノヒ【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

そんなわけか、結局、最近は、あいみょんを一番聴くようになっている。普通に素晴らしい。

 

 


日向坂46 『キュン』

 

とは言え、このぐらい、よく出来てるとベタなアイドルソングも良いなとなるので、まだまだ文化として根強い感じはあるかも。

 

 

展覧会の感想36

 

 今回は終わってしまった展覧会。記憶がちょっとおぼろげです。

 

www.artsmaebashi.jp

 

 

 終わってしまったけど、文学フリマのついでに見たら、思いのほか面白かった。

 

 最初にケーテ・コルヴィッツが見られたのも良かったし。内容も良かった。北関東の版画運動とかも知って、(北関東人として)なるほどと思ったり。だから、前橋でこれをやってるのかと思ったり。各国の版画の位置付けと時代の変遷が考えさせられたり。最後の現代版画を見ると、随分、版画も進化してるんだなーと感心したり。そう言えば、意外と木版について考えてこなかった気がする。

 

 

yokohama.art.museum

 

 

 最果タヒの展覧会。なかなかよく分からない所はあったが、展示方法とか面白かった。特に図書室の奴が良かった。

 

 

yokohama.art.museum

 

 こっちも見た。中原浩大の作品がすごく良かった。

 

 

 

3/ 21(木・祝) 第14回「電子工作をしよう!」

【概要】

 

珈琲やお菓子をつまみながら、電子部品を触ったり、簡単な回路を組んだりできればと思います。

 

 

【感想】

 

基礎的な電気や電子のことを学んだが、意外と忘れてることが多くて面白かった。ブレッドボードを使った簡単な回路も為になった。

 

 

pop-life-works.com

展覧会の感想35

www.nmwa.go.jp

 

 話題のルーベンス展。ルーベンスの絵は前にドイツで大量に見た事がある。

 

 改めて見て思ったのは、スタンダードな絵だなーという感想。今のイラストレーションとかにもかなり影響を与えていると思う。あと、改めて古代ローマすごいなと思った。

 

 

https://www.perrotin.com/exhibitions/eddie_martinez-blockhead-stacks/7387

 

 エディ・マルチネス。さらっと展示してあったけど、とても良かった。ドローイングも良かった。落書きっぽいけど、構成要素が絶妙だと思った。なかなか出来ない。

 

 

 

www.nact.jp

 びっくりするぐらい良かった。展示の仕方も良い。ちょっと写真だと、あまり良さがわからないタイプの作家だと思うけど、作品が本当に素晴らしい。感動した。

 

1/14(月祝)PIC(ピック)について2

【概要】

 

PICを使った電子工作のその2。今回は、モーターを回すなどしながら、PICを使って何ができるかを考えた。

 

 

【感想】

 

普段触らないものなので、何か面白い事ができそうな気もしているが、意外と普通のことしか思いつかない。最後は、いくつかアイデアを出したので、いずれ実現したら面白いかも。

 

 

pop-life-works.com

今年のアイドル動画

 

 年末という事で、下半期よかったアイドル動画を貼ってみる。と言っても、下半期は、そんなに引っかかったのがなかった気がする。そんなに見てないのもあるけど。

 

 一番引っかかったのは、BEYOOOOONDSの「眼鏡の男の子」だけど、一応まだデビュー前なのかな。ちゃんとした動画がない。。。

 

 

 ハロプロは20周年企画が落ち着いたのか、下半期は結構よかった気がする。

 


モーニング娘。'18『フラリ銀座』(Morning Musume。'18[Casually wandering about Ginza])(Promotion Edit)

 

 フラリ銀座は何気によく出来てると思った。意外と他に無い曲というか。

 

 他では、Zepp見たばっかりなのもあるけど、BiSのアゲンストザペインが思いのほか良くて、ずっと聴ける。

 


アゲンストザペイン / BiS1st 新生アイドル研究会[OFFiCiAL ViDEO]

 

   2ndもよかったけど、1stの方が好みかもしれない。

 

 あとは、普通の曲といえば普通の曲だけど、フィロソフィーのダンスは世代的にハマってしまい、何気に聴いてしまう。

 


フィロソフィーのダンス/ヒューリスティック・シティ、ミュージック・ビデオ

 

 と、下半期は、あんまり見てないのもあるので、このぐらいで。

 

 あと、年間通していうと、見返したら「はじまりか、」がベストかもしれないぐらい良かった。間を空けて見たら、普通にまた感動した。

 


伊藤万理華 『はじまりか、』

 

 

 BEYOOOOONDSもそうだけど、アイドルの楽曲の演劇化傾向が強まるに当たって、演劇そのものを取り入れるものも増えてきているのかなーという感じもする。