レビューとメモ

見た展示や動画などの一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

ボローニャ国際絵本原画展

 

www.artmuseumlibraryota.jp

 

 ちょっと前にさくっと見た。

 

 前は板橋まで見に行ったりしていたが、昨年から太田でやっているので、毎年来るようなら、毎年見られそうで嬉しい。お近くの足利では、たまにブラティスラヴァ絵本原画展もやるので、両毛近辺は、イラストレーターにとっては、結構、良い環境になったのかもしれない。

 

 内容は毎年の事なので、こういう感じかーという感じもありつつ、変わらずクオリティは高い。最近はインスタとかで世界各国のイラストを簡単に見られるので、そういうのとのリンクがどんな感じかなーとか見ながら、ある種の距離感を測れる気はする。まあ、いずれにしても、トップクラスの内容だとは思う。

 

 あと、日本のイラストがだいぶ減ってたけど、これはたまたまなのか、日本のイラスト環境から仕方ないのか、ちょっと考えてしまった。英語でエントリーするのがネックになる人も多いだろうし。アニメ系のイラストで受かるかどうかも未知だろうし。というような。

 

 

 本日のイラスト

 

f:id:alta:20210124192633j:plain

 

 

 

 

カフェインレス珈琲

 最近はカフェインレスコーヒーばかり飲んでいる。

 

 というのも、ある時、不眠がちの日と喫茶店に行った日に相関があるのではないか?とはたと気づいたからだ。

 

 実際には本当かどうか分からないけど、カフェインを抜き出してからはカフェインを取ると眠れなくなりがちな気がするので、何となく気を使うようにしている。

 

 そうこうお店の棚を見てる内に、最近はカフェインレスが充実してることにも気づいたので、色々探しては試している。

 

 基本は下のやつ。

 

www.ucc.co.jp

 

 あれ、パッケージ変わったのかな。

 

 これは結構、味も美味しいので重宝している。ただ、あまりにも毎日飲んでるので、最近はちょっと併用していて、他のも試し出してる感じだ。

 

 ちなみに気軽に買えるスーパー売りのものだと、スタバのカフェインレスが意外と美味しかったんだけども、値段はちょっと張るので、たまに飲むぐらい(まあ、スタバで飲むよりは安いんだれけども)。

 

 また、余裕がある時は豆を挽くことにしていて、豆は無印のが多い。ただ、こちらはまだそんなに試してないので、そのうち変えるかも。基本、値段が手頃で入手しやすいというのが一番の買う理由なので。

 

www.muji.com

 

 味は、正直あっさりめだが、カフェインレスだからと思って割り切っている。やはり、全体的にはカフェインのあるコーヒーの方が美味しいものは多くて、カフェインレスコーヒーというのは、ノンアルビールみたいな所があるのかもしれない。(それよりはちょっとマシかも)

 

 こんな感じで、最近は、基本、カフェインレスを取っている。

 

 ちなみに、では、カフェイン入りの珈琲はどうかというと、最近は、飲む事自体、たまの機会となってきたので、基本、喫茶店に行くか、良い豆を入手した時に飲むという感じだ。まあ、コーヒーというのは日常的に飲むものだったりもするので、もちろん、そうもいかない時もあるけれど、そんな話は思い立ったら、また後で書いてみる。

 

 

f:id:alta:20210123215415j:plain



 

 

ウチカレ

www.ntv.co.jp

 

 タイトルが具体的な割に中味がふんわりしていて、2話目にして、あ、この子、普通に人を好きになるんだな。それだとすぐに彼氏できるのでは?浜辺美波だし。と思って、あんまり恋愛ものとして興味が引っ張られないかもしれない。とりあえずは、今の所は。だけど。というか、こういうのも恋愛させすぎてもいかんのだろうし。しなくてもいかんのだろうし。難しいんだろうな。

 

 そしてまた、全体的に、菅野美穂浜辺美波のやりとりが軽妙なのもそれに拍車をかけていて、そっちの関係性がメインに見えるというか、まあ、そっちがメインなんだろうけど、そうだとすると、一体、我々は何を見せられているのだ?という感じがしないでもなく、その辺も曖昧で見方が難しい。そんなに悪い意味でも無いけど。

 

 あと、オタク理解も至る所で謎すぎて、オタクが米津玄師を歌いたくないって言ってたり、浜辺美波広瀬すずだったら黙っててもモテるのになーみたいに言ってたり、これもわざとツッコミしろを作ってるんだろうなーとは思いつつも、全体的な会話の作りがわざとではなく単なる無理解なのかもと思わせる絶妙なラインを突いていて、ある種、設定のラインがわざとなのかどうなのかを判別するミステリーもののように見てしまえるのも微妙だ。この辺は、作家インタビューとかでネタバレというか、理解度を示して欲しく無いような、して欲しいような気もするが、とりあえず、終わった時の着地点をこのまま見ていきたい気はする。という意味では、ハマっているのかも。

 

 と思ったら、これ、脚本、北川悦吏子なのか。確かにこう言うのはベテランの味のような気はする。菅野美穂周りの話が妙にリアルなのも、そのせいなのかも。

 

 あと、ついでに書くと、このドラマがこういうストーリをやってる裏で、「ボス恋」が世界を狙うファッション誌のグラビアを漫画家に頼んでたりするので、単純に今の日本において、漫画アニメの扱い自体がどっちつかずでデリケートだというのもあるんだろうなーと言う事もちょっと思った。

 

 

 本日のイラスト

 

f:id:alta:20210122203530j:plain

 

イラレ2

 

alta.hatenablog.com

 

 上の話の続き。

 

 イラレ のフォーラムを見てたら、他にも現バージョンの問題点などが書いてあって、その中にバージョンの戻し方が書いてあったので、あ、そうか、バージョン戻せばいいじゃんと思って、結局、バージョンを下げた。

 

 というか、他の方法として、前のmacを使おうかなとも考えてたけど、とりあえず、M1macの方を依然としてカスタマイズし続けている感じで、アップルシリコン版が出るまで待てば良いんだろうけどとは思いつつ、どうしても使ってみたくなるのが心情というもので、だんだんBig Surにも慣れてきた(見た目)。

 

 

 本日のイラスト

 

f:id:alta:20210121213609j:plain

 

 

 

 

 

外国人枠

 

full-count.jp

 

 外国人枠、投手4野手1とかの入れ替え制限が無くなったらしい。これは、ぱっと見、外国人の多い巨人阪神が有利かなと思ったけど、よくよくみると、投手2野手3か、投手3野手2にしかならなそうで関係ないかも。よほど、野手が外れたら分からないけど。来日状況とかもあるか。ていうか、野手4を見てみたいけど、それは無いだろうなー。

 

 投手4が一番ありそうなのは、カープかも。というか、そもそもカープは、制限あっても、投手4野手1も考えてた気もするけど、入れ替え出来るなら、メヒアにはチャンスが広がりそう。コルニエルの支配下登録もしやすくなったと思う。

 

 パリーグは、ほぼほぼ補強がないという所で、ほぼほぼ考える余地もなく。正直コロナによる収益悪化の影響の大きさを感じる。

 

 しかし、いよいよキャンプが迫ってきたな。

 

 

 本日のイラスト

 

f:id:alta:20210120192128j:plain

 

 

 

需要

 

 物凄い当たり前なことを書くが、需要というのは、結構な力があるなーという事を日々思う。

 

 まあ、このブログとかは、どちらかといえば、あんまり需要を考えずにやっている気はするが、それでも引っ張られるところがあると言えば、ある気もするし。なかなか需要を無視して、物事を為すというのは難しいなーと思う。何の脈絡もない話だけど(そして、オチもない)。

 

 

本日のイラスト

 

f:id:alta:20210119194006j:plain

 

ファーバーの消しゴム

 

alta.hatenablog.com

 

 

 これも何故か検索流入が多かったので、その後のフォローをしてみる。

 

 結論から言うと、まだ無くなってないので、たまに使ってるけど、特に好んで使ってるというわけではなく、手元にあれば使うと言う感じで、もはや、そんなに消しゴムを意識してない。

 

 多分、書いた当時は色鉛筆の作品を良く描いてたから気になってたんだろうけど、もはや、手描き自体がほとんど無いので、あまり、そういう細かい差異が気にならなくなってしまった。ていうか、消しゴムは置いといて、最近、たまに手描きをすると本当に手が重くなってて哀しくなったりもする。(1時間ぐらい描いてると、まあまあ戻ってくる気はするけど)

 

 

 本日のイラスト

f:id:alta:20210118172027j:plain