レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

展覧会の感想

 

開催中の展覧会 | DIC川村記念美術館

 

ブリジット・ライリー、ようやく見た。

 

結構、日本の美術館が持ってるんだなーと思ったけど、意外と見た記憶が薄い。いわきは行ったことないから当たり前だけど、何度か前を通った事はあるので、今度入ってみようかなと思った(今は当然、貸し出し中でアレだけども)

 

しかし、思ってた以上に、ゆらぐのでびっくり。そして、その視覚効果にも増して、配色の綺麗なこと綺麗なこと。一線級の美術だなと思った。

 

 

okawamuseum.jp

 

現在、模写展が開催中。大川美術館にしては珍しくカッチリした企画展だが、面白かった。なるほど、昔はこうだったのかなーと思いを馳せることが出来たり。

 

常設も、新収蔵らしい木村壮八の「朝顔」が非常に良かった。

 

もちろん、松本竣介とか、オノサトトシノブとか、良い作品が他にもいっぱい。

 

しかし、こちらの松本竣介川村記念美術館のロスコは、年一ぐらいで見たくなって見てる気がする。いつ見ても良い。

 

 

モニョチタポミチとウブブンの大自慢大会展 - PENSEE GALLERY - 桐生市にある貸しスペース兼アトリエ

 

 

こちらも見てきたけど、面白かった。地元でこれだけの展覧会を見る機会はあんまり無い気がする。後期展示が9/1、9/2にあるらしいので、興味ある方は。