読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レビューとメモ

グンマー(館林中心。たまに栃木)でイラストレーター(というか、デザイナー)を細々とやってる永本の一言レビューとかメモとか覚え書きのようなものです。

ミューズケントブロック

ミューズ ケントブロック KL-5744 A4

ミューズ ケントブロック KL-5744 A4

 

 

定番の品  ☆☆

 

 

絵を描くにあたって、紙を何にするかは結構むずかしい問題だ。普段は、ケント紙のイラストボードを使うのだが、ちょっとしたものなら普通のケント紙を使ったり。特に展示用ではなく、最終的にはPC取り込み用の下絵とかだと、ただのケント紙でいいかという気にもなる。でも、最近、モブの絵が多く、描きこみが増えたせいか、安定感ないと、それが気になる事もあったり。。。(あとでイラストボードに描いておけば良かったなーとか。。。)

 

 

と思いつつ、イラストボードが切れてたので、そういえばと思って、買ってあったケントパッドを使ってみたら、なかなか使い勝手が良かった。意外と、こういう普段使わない道って思い出せないんだよな。

 

 

ブロックの場合、買うのは、大体、ミューズのこれだが、安定感もあるし。特に問題もなく使用している。ケント紙も厚いし。ちょっと表面がつるつるしてるかなとは思うけど、それも特性として、慣れれば、使い分けられる感じだ。

 

 

しかし、紙の問題は、やっぱり難しい。紙とエンピツの相性とか、全部は試せないし。その時の状態とか気分とかもあったり、なかなか厄介。大半の場合は、気にしなくても良い気もするけど、たま〜に変えると気分も変わって良いかも(効果も変わるのでダメな場合もあるけど)。